www.chamame.biz

.

.


店舗で全てのクレカが使えるわけでもない◇クレジットカードの加入店舗は多くは、ときには5を超えるクレジットカード運営会社とライセンスを結んでいますが不便ですが一切の商店で一切の所有カードが使えるわけでもありません。例をあげれば昔からある加盟店の場合にはJCBマークの付いたクレカしか使用不可な場面もあるし最近のお店の場合だとVISA、マスターロゴのクレジットカードだけしか使用不可な場面もあるでしょう。ダイナースカードに類するカード会社ならばもっと決済できない状況が増えるのではないでしょうか。どのようなクレジットカードが使用可能かというのをいかに確かめたらいいのか?「ではどのようにしてどの所有カードが決済できるかを判断すると良いか?」という質問だけど、きちんとしたことをチェックするには商店の方に確認してみる以外ないていうのが正直なところその回答です。ただし大抵の商店や料亭には目につきやすいスペースに決済できるカードのロゴが入ったシールが貼られているため「そうかその店はアメックスが使用可能なんだな」というのが分かりやすくなっているし留意しておいていただけるとよいと思います。とはいっても、正確に管理が出来ていないお店の場合にはシールが貼られている場合でも「ここでは××カードは決済いただけません」等の返答をされてしまうなんてこともあるわけであたふたしてしまう場合だってあるでしょう。贅沢をいえば可能な限りは全ての店舗でクレカが使用できるようにする目的を考えると異種のロゴ(国外会社)が入っている一般的なMasterCard、JCB、ダイナーズアメックス、ライフカード、というようなカードを2枚以上財布に入れておくようにするようお勧めします。(例:ライフカードを使っているなら他方はアメリカンエキスプレスカードブランドのクレジットカードを持つなど等)。とりわけ海外に出ないなら、VISAカード、マスターカード、JCBカードの3つの印が入っているクレジットカードを常に財布に入れておけば、間違いなく全国の加盟店舗で少なくとも1枚のクレカを切ることができます。カードをいつも財布に忍ばせて効率的にカードライフを継続していくには、確実に別々のカードを使えるようにしておいて損はないでしょう。