www.chamame.biz

.

.


為替の介入というのを聞いた事がありますか?日銀が為替の介入をして新聞記事、テレビ、ネットなどの記事で見た人も多いと思います。最初から為替の介入といえば我が国では、・財務大臣が為替相場の安定化を実現するように実施する措置として使われています。簡潔に言えば、急激な円高、円安が起きると財務大臣の指示により中央銀行(日本銀行)日本円を売買して為替相場を安定させるというものです。為替介入とはいくつか方法があるのです。1.単独介入・・・行政や日本銀行が東京市場で積極的に市場に入って来て為替の介入を行なう。2.協調介入・・・多くの銀行などが相談したうえ各通貨当局の持ち金を使い一斉にないし時々為替介入(外国為替平衡操作)を実施する。3.委託介入・・・他国の銀行などへの為替介入(外国為替市場介入)をお願いする。4.逆委託介入・・・日銀が外国の通貨当局に代えて介入を実行する。こんなやり方です。いずれの方法の為替介入(外国為替市場介入)も一時的に、もしくは引き続き為替のレートにたくさんの効果を与えるでしょう。外国為替市場介入(為替介入)の資金は当たり前のことですが国の威信をかけているだけにスケールが大きいです。円を元にしてみると、日頃は数銭単位で変動している相場が数円ごとの変化をするのです。個人の投資家の方でしたら体験したと思いますが、今までスムーズに含み資産(もしくは損失)を増やしていたポジションを持っていたところへ、維持している保有高が決済したという通達がFXの業者の発信でメールが。どれほど儲けが出たのかな(赤字になったのか)?と気にしながら決済の報告を見たところ、自ら見込んでいた事とは正反対の事態となってしまい目を丸くしたといったパターンがよくあります。介入が行なわれた際に多く聞いた話なのです。外国為替市場介入(為替介入)を実施すると為替のトレンドと逆の動向をすることがわかります。なおかつ動く額の幅はものすごく大きく大幅に変化しますので注意が必要なのです。