www.chamame.biz

.

.


PCの画面の前に座って、上がったり下がったりしているレートを見ていると、何やら売り買いをしなければいけないという思いに影響される事も少なくないと思います。しかしながら、ぼんやりした思いで注文するのは絶対にしてはいけません。ご覧の通り、外国為替相場は昼夜を問わず、常にいずれかの国のマーケットが変動しているし為替相場もどういう時でも、変動している。しかし、だからといって考え無しに売買をすると、それだけでマイナスになる危険が高くなります。当然、売買の回数を増やすことによって、トータルで儲けられる確率が五分五分になるのは事実。でもそれは「ぼんやりとした思いつきで売り買い」とは別の話です。取引回数を重ねる意味というのは、自ら「ここだ!」と考え付いた感覚を持ったケースでの取引回数を重ねるという意味である。ただ、のべつ幕なし注文を繰り返すのとは全く異なります。相場の勝負に勝つためには自ら深く考えて緩急をつけることこそが肝心です。「ここはいける」と思い至ったマーケットの時には迷わず所有ポジションを多くして、覚悟を決めて儲けを求めます。「ちょっと分かりにくい外国為替相場でどうなるかわからないな」と感じたならばいっそのことポジションをひとつも残さないでクローズして何もせず静観します。これくらいのけじめがあったほうが、結果的にエントリーはうまくいきます。外国為替相場の金言には「休むも相場」というものがあります。本当にその通りです。FXとは、ポジションを持つことが全部ではなくどの売買ポジションも所有せずじっと待っている事も時には相場なのである。それでは、どういった時に、休む必要があるのでしょうか。第1に言われるのが先述の通り、今の市場がはっきりと判断できない時です。今後高くなるのか安くなるのか明確でない時は分からないまま行動すると、自分自身で思い描いたストーリーとは反対の方向に為替相場が推移してしまい、損失を被ることになる。だから、こうした状況ではポジションを整理して黙ってみているだけがいいと思います。もうひとつは、あなたの体調がすぐれない時。体の具合とマーケットにつながりがない考える人もいるだろうが。意外とつながりがあります。体調が悪い時は外国為替市場の重要なところで、冷静な判断を下すことができない。興味がわかない時は、トレードから目をそらす事も大事なことだ。